1日1日を思い出に。IGで見つけたスケジュール帳デコレーション術

新鮮な気持ちで迎えたい新年度。年度の変わり目にスケジュール帳を新調するという人も多いのでは?手書きのスケジュール帳は、予定の管理以外にもアレンジ次第で様々な使い方ができて自分好みにデコレーションできるのが魅力的ですよね。ここでは、インスタグラムで見つけたかわいいスケジュール帳のデコレーション&活用術と、分割プリントを使ったアレンジ術をご紹介していきます。スケジュールはぜーんぶスマホで管理派!なアナタも真似したくなってしまうかも♡

IGで見つけたみんなの手帳デコレーション術

マスにイラストを描き込んで日々の予定を記録している@yzh___aus さん。
柔らかい色合いと、ほのぼのとしたタッチのイラストがとてもかわいいですよね。開くたびに楽しい気分になるこんな手帳なら、勉強や課題の予定もやる気が湧いてきそう。
全て色鉛筆で描き、お花やキャラクターのイラストを入れるのがかわいく仕上げるポイントなんだとか。画力に自信のある方は真似してみては?

市販のメモ帳にマスを描き込み、オリジナルの「ハビットトラッカー(Habit Tracker)」を月ごとに作っている@26__sunさん。ハビットトラッカーとは、自分が続けていきたい習慣をリスト化し、達成できた日は色を塗っていくというもの。@26__sun さんは読書やストレッチ、甘いもの経ちなどをリストアップしているようです。
がんばった分の達成度がひと目でわかるので、これなら続けるモチベーションもキープできそう。ダイエットなど継続したい目標がある方にはぜひおすすめしたい活用術です。

プリクラを撮っても、意外に使い道がない!そんなときは、@sarasarasarada83さんのようにスケジュール帳に貼ってみるのはいかがでしょう?
そのまま貼るだけじゃなく、友達の顔部分だけを切り抜いて貼ったり、プリクラのまわりをさらにペンでデコレーションしてチェキ風にしたりと、かわいくてユニークなアイディアが満載の手帳になっています。いつ誰とどんな予定を過ごしたかがひと目でわかるので、見返すのが楽しくなりそうですよね。

分割プリントを使ったスケジュール帳アレンジ

スマホに入っている写真を1枚にまとめてプリントできる分割プリントは、シールタイプもあるので手帳に貼るのにぴったり。ここからは分割プリントを使った手帳のアレンジ術をご紹介します。

分割プリントの作り方はこちら

①切って貼るだけ!写真日記

一ヶ月分の写真をプリントして貼っていくだけで、簡単に写真日記が完成。字やイラストを描くのが苦手でも、切って貼るだけなら続けられそうですよね。
複数の背景色でプリントし、あえてフチを残してカットするとカラフルでかわいい写真日記に。

②予定と一緒に写真をプラス

その日に撮った写真を後から貼り付ければ、予定と一緒に思い出が保存できるアルバム機能も兼ねたスケジュール帳に。
プリクラでは撮ることのできない景色や食べ物の写真も、スマホに入っている写真をプリントすれば貼ることができるので、旅行の思い出なども残すことができますよ。
マスキングテープやカラーペンを使って可愛くデコレーションしてみてくださいね。

スケジュールも写真と一緒に楽しく管理

毎日の何気ない予定も、写真と一緒に残していくことで「思い出」になるんです。
新年度からはスケジュール帳をかわいくデコレーションして自分だけの一冊を作ってみませんか?

SHARE