サプライズのプロ『Surprise Holic』が仕掛ける感動のサプライズとは?

“店内が急に暗くなり、バースデーソングと共にケーキが現れて…”
レストランなどで行われるこんなサプライズの光景を、誰しもが目にしたことがあるのではないでしょうか。

実は、そんなサプライズの瞬間を、プロとして本格的にプロデュースするチームが存在するんです。その名も『Surprise Holic(サプライズホリック)』!

今までに仕掛けた感動サプライズを教えて!

自分では思いつかないようなすごいサプライズを仕掛けたい!という想いを持ったお客様からのオーダーを受け、サプライズホリックでは企画から演出まで全てをオーダーメイドで作り上げているのだとか。プロが仕掛けるオーダーメイドのサプライズだなんて、想像するだけで素敵ですよね♡

感動的なサプライズを仕掛けるためのコツや、これまでに仕掛けたサプライズの事例を知りたい!ということで、Surprise Holicの植松さん(左)と柴田さん(右)にお話を伺いました。

結婚式を挙げなかった友人へ贈るサプライズパーティー

—早速ですが、これは感動的だった!というサプライズをいくつか教えてください。

はい、まずご紹介したいのが、結婚式を挙げなかった友達へ、友人同士でサプライズでウエディングパーティーを開いた企画になります。自然な形で誘導するために旦那さまにも仕掛け人になって頂きました。

当日はまず仕掛け人である旦那様と朝からデートを楽しんで頂いたのですが、お昼に入ったお店でランチを食べ終えた頃、旦那さまがお手洗いへ立つと、そのまま帰ってこないんです。しばらくすると店員さんが一通の手紙を差し出して来て、そこには「○○に向かって」と住所だけが書かれたメモが入っていて。

その住所に向かってみると着いたのは美容院。そこで髪の毛をセットし、用意されていた花嫁風の衣装に着替えてもらいました。ヘアセットと着替えが終わって外に出ると一台の車が止まっていて、その車でパーティーの会場へ向かって頂きました。


—パーティーの前に主役の女性をドレスアップさせる演出、まるでシンデレラのようですね。会場に着いてからはどんな様子だったのでしょう。

ターゲットの方はランチの時から会場に着くまで「彼からのサプライズだ」と信じ切っていたようです。でも会場に着いて扉を開けると、そこには全国各地に住んでいる彼女の学生時代の友人たちが一斉に集まっていて、みんなの顔を見るなりとても驚いていました。遠くに住んでいるはずの友人たちが集まっているのを見て、彼女は初めて友達からのサプライズだということに気付いたんです。

驚きと喜びが入り混じりとても感動した様子で、無事にサプライズは成功しました。当日会場に来れなかったご友人にもビデオメッセージに出演して頂いたりとパーティーの最中にもサプライズ要素を仕込み、最後までパーティーを楽しんで頂きました。

―パーティーを終えて、改めてご本人の反応は?

もちろんサプライズ自体はとても喜んで頂けましたし、それだけではなく、住んでいる所もバラバラだった旧友同士が今回のサプライズで集まったのをきっかけに再び仲が深まったようで、それがとても嬉しかったと言って頂けました。我々としても記憶に残るサプライズになりましたね。

姉妹2人で家を出ることが決まり…両親にサプライズ銀婚式

次にご紹介するのが、ご両親と姉妹の4人で暮らすご家族へ実施したサプライズになります。こちらのご家族は妹さんが成人、お姉様が結婚と、姉妹揃って同じ時期に実家を出ることが決まっていて、「このタイミングでちょうど銀婚式を迎える両親に感謝の気持ちを伝えたい!」ということで妹さんからご相談を受けました。

―どんなサプライズになったのでしょう。

これから家族で過ごす時間が減るということで、改めて家族の絆を深められるようなサプライズにしよう、というのを念頭に置いて企画しました。

まず、ご自宅で銀婚式のお祝いをするという設定で、娘さん達の手作りディナーをご家族で食べて頂くというところから始まります。このディナーもこっそり両親のカバンに招待状を忍ばせ、指定の時間に帰ってきたところに手作りの料理で出迎えるというサプライズ演出にしました。

ご両親にとってはこれだけでもかなりのサプライズだったと思うのですが、メインイベントはここから。ご家族で食事をしている間に我々がご自宅の門から玄関までのエントランスを装飾し、バージンロードを敷いた小さなチャペルを作ったんです。

ディナーのあとに娘さん達に誘導されて外に出たご両親は、変貌を遂げたエントランスを見てとても驚いていました。

—自宅にチャペルを作るとは大胆な演出ですね。なぜチャペルを作ったのですか?

バージンロードを歩いた先、チャペルの一番奥には
「これからも家族で手を取り合い助け合っていくことを誓います」
と書かれた誓約書が立てかけられていて。その誓約書に家族全員でサインをする、というのをメインイベントにしたくて、誓いの言葉を立てるための場としてチャペルを用意しました。

ご家族4人でバージンロードを歩いて頂き、誓約書にサインをし、最後に娘さん2人から感謝の手紙を読みあげて、サプライズはクライマックス。そのシーンは本当に感動的で、私たちも耐えきれずもらい泣きしてしまいました。笑

—あたたかい家族愛と感動的なシーンが目に浮かびます。サプライズって、作り手も同じように感動できるのが良いですよね。

そうですね、贈る側も贈られる側も同じくらい嬉しい気持ちになれるものだと思います。改めて家族の仲を深めたいという想いが形となって、ご両親はもちろん、娘さんたちご本人にもとても喜んで頂けて、本当にやってよかったなと思いました。

サプライズをする上で大切にしていること

—これまでに素敵なサプライズをたくさん企画されてきたかと思いますが、企画を考える上でどんなことを大切にしているのでしょう?

世の中には色々なサプライズの演出があると思うのですが、形だけを派手にするのではなくて、その方にとってのベストなサプライズを提案したいと思っています。

そのためには、例えばご夫婦であればその2人についてじっくりお話を伺って、人柄や馴れ初めやこれまでの思い出など、たくさんのエピソードを聞き出します。たくさんのお話の中から2人の関係性のターニングポイントになったところを探し、そこを基点に企画していくと、その人ならではのサプライズが出来上がっていくんです。

—その人らしさを盛り込むことが感動的なサプライズにするための秘訣なんですね。

そうですね、サプライズの演出方法や内容にその人らしい要素が入っていると気持ちがこもっていることが伝わりますし、双方の記憶に残るものになると思うので。そのようなサプライズが企画できるよう、じっくりとコミュニケーションをとりながら作っています。
相談者の方にも『自分だけのストーリーを提案してもらえた!』と思ってもらえると我々にとっても嬉しいです。

今だけ、抽選で5組にサプライズホリックのオーダーメイド写プライズを無料プレゼント中!

1人のために想いを込めてつくる素敵なサプライズ。自分もいつかこんな感動的なサプライズを仕掛けてみたいな…と思いますよね。

なんと今、サプライズホリックのオーダーメイド「写プライズ」が無料で受けられるキャンペーンを実施中。サプライズのプロが写真を使って作るハイクオリティな写プライズを仕掛けてみたい方は、是非応募してみてくださいね♪

キャンペーン期間 :
1月25日(木)〜3月31日(土)まで
詳細はこちら

キャンペーンに向けて

—写プライズキャンペーンに向けて、意気込みをお願いします。

今はスマホで簡単に写真を見返せる時代ですが、あえてプリントして飾ったりまとめたりすることで、スマホを見るのとは違った気持ちで思い出が蘇ってくるんじゃないかなと思います。誰かの手から誰かの手に渡されるものにはとても愛情がこもっていて、気持ちがストレートに伝わる瞬間だと思うので、"写真をプリントして贈る"ことの素晴らしさをサプライズと一緒に届けられると良いなと思っています!

SHARE